blog

2020/01/05 20:55

その1はこちら

極上パシュミナ、できるまで その2

○集めたヤギの毛を紡ぎ、染色する


パシュミナの原料となるヤギの冬毛は、ヒトの頭髪と比べると5分の1~7分の1という大変な細さ(約0.015mm)と柔らかさのため、機械によって紡ぐことはできません。

なんて綺麗な糸でしょう。これが繊維の宝石と言われるパシュミナのスタートです。

職人の手によって紡がれた糸は、毛本来の柔らかさを保ったまま、ほど良いしなやかさがあります。オーダーによってはこれを様々に染色します。
綺麗な染め工程です。
この写真では藍染めを行っています。他の色もアゾフリー(特定の有害物質を発しにくい)のものを使用しています。

グラデーションカラーのものは後染め(布を織りあげてから染色)しています。
後染めについて詳しくは「その4」でご紹介しています。https://didi.fashionstore.jp/blog/2020/01/10/095858


○ボビンに糸を巻く・整経する

織物には横糸と縦糸がありますから、それぞれの下準備をします。

紡いだ糸をボビンに巻き取り、横糸を操作するためのシャトルの中にボビンを入れます。


織機に縦糸を張る作業は、この工房では2人組で行っています。

息の合ったチームワークとその慎重さがうかがえますね。簡単なように見えて熟練の職人技なんです。

次回はついにパシュミナストールがお目見え。お楽しみに。
その3はこちら

国内に限り全商品送料無料です

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

インドやネパールの民族衣装サリー。 そのサリーは長い歴史のなかで家族の、とりわけ母から娘への受け継ぐべき吉祥文様を今に伝えます。 動物や植物、自然、神々、生活…。様々な吉祥文様は 一つとして同じものがありません。そしてそのすべてに物語があります。
didiはこのS級ヴィンテージシルクサリーを素材として、ネパール自社工場にてシルクサリーシリーズを作っています。
季節や時候の節目に、貴女だけの吉祥文様を手に入れてみませんか。

TOP

didi東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店3F