blog

2020/01/08 13:26

その2はこちら

○機織りをする

こちらの女性は、この工房でも古株で腕のいい職人です。見事な手捌きですね。
動画では右手に房を持って叩いているような動作が見られますが、これは叩いているのではなく織機上部に繋がった線でシャトルを操作しています。


このような複雑な柄のジャガード織のものも。縦糸の動きをパンチカードで操作しています。

一見なんの変哲もない、穴の空いた紙ですが、これが柄のガイドになります。この工房になくてはならないものなのです。


○仕上げ
艶やかに織り上がったパシュミナ。
「繊維の宝石」の別名があるのも肯けます。
まるで水の流れるようなしっとりとした優しい手触りから、ウォーターパシュミナとも呼ばれます。

製織の際についた汚れなどを取り除き、ストールの大きさに裁ちます。パシュミナはとても希少なものですので、無駄のないよう計算して、丁寧に完成品へと仕上げていきます。

パシュミナ100%のストールの端の処理は切りっぱなしになっています。毛が大変柔らかいためにフリンジを撚ることができないのです。

アイロンをかけ、タグをつけ、検品が終われば完成です。

タグの素材表示を見るとcashmere(カシミヤ)と書いてあります。パシュミナという表示はできないのです。
これにもストーリーがあります。


英国の故ダイアナさんが皇太子妃だったころ、パシュミナは彼女の愛用品として世界的に有名になりました。
世界中の女性はこぞってパシュミナを買い求め、日本でも1枚5万円はくだらない高級品として売られていました。

ところが、これを機に世界中で偽物が横行したのです。パシュミナ製造業者はこれを受けてPashminaという表記をやめ、Cashmereという表記に統一したのです。

しかし、パシュミナの伝説はちゃんと生きていました。
一般的なカシミヤよりさらに細く柔らかな山羊の冬毛のみを使用したパシュミナ。
そのパシュミナ山羊はヒマラヤの高地4000メートルに生息し、ヒマラヤ山羊とも呼ばれます。
そのパシュミナのさらに喉とおなかの毛だけを使ったパシュミナ生地は
一般のカシミヤと比べても、きめ細かさが段違いです。
極上のうっとりするような肌触りと保温性はパシュミナならではなのです。

次回、didiオーダーの色選び!
どんな色にしようか……と時間をかけて選びました。
その4はこちら

国内に限り全商品送料無料です

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

インドやネパールの民族衣装サリー。 そのサリーは長い歴史のなかで家族の、とりわけ母から娘への受け継ぐべき吉祥文様を今に伝えます。 動物や植物、自然、神々、生活…。様々な吉祥文様は 一つとして同じものがありません。そしてそのすべてに物語があります。
didiはこのS級ヴィンテージシルクサリーを素材として、ネパール自社工場にてシルクサリーシリーズを作っています。
季節や時候の節目に、貴女だけの吉祥文様を手に入れてみませんか。

TOP

didi東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店3F