blog

2019/02/20 22:38

didiです。

そもそもなぜネパールでモノづくりをしているの?

そのきっかけ、そしてモノづくりまでの流れを

ご紹介していきますよ。


2003年、didiの前身である

曼谷雑貨店がスタートしました。

この頃はタイの服や雑貨を仕入れていました…が。常夏の国タイでは冬服が手に入りません。

どうしたものか。

ネパール・カトマンズに降り立った
SONOGAさん。
何度もカトマンズを訪れるようになり、
ネパールのとある業者さんと仲良くなりました。
そして工場を「つくる」ことになって…
日本とはずいぶん違う建築スタイルに
面食らったSONOGAさん。
でも、この国で日本にも通用する
「イイモノ」を作っていくのです。
didiはフェアトレードの考え方を
大切にしています。
まずは工場で働く人々に、
きちんとお給料を払うこと。
そして、日本の皆さんに
楽しい製品をお届けするために
いろんな工夫を凝らしています。
素敵な商品がたくさん生まれる中で、
もっとおもしろくてクオリティーの高い素材は
ないだろうか…と模索しているうちに出会ったのが、シルクサリーだったのです。
続きはこちら
https://didi.fashionstore.jp/blog/2019/02/20/223842


国内に限り全商品送料無料です

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

インドやネパールの民族衣装サリー。 そのサリーは長い歴史のなかで家族の、とりわけ母から娘への受け継ぐべき吉祥文様を今に伝えます。 動物や植物、自然、神々、生活…。様々な吉祥文様は 一つとして同じものがありません。そしてそのすべてに物語があります。
didiはこのS級ヴィンテージシルクサリーを素材として、ネパール自社工場にてシルクサリーシリーズを作っています。
季節や時候の節目に、貴女だけの吉祥文様を手に入れてみませんか。

TOP

didi東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店3F