blog

2019/02/20 11:29

didiスタッフのRです。

工場のお話の続きをします。
前回の記事では、
didiオリジナル商品ができるまでを
ご紹介しました。

今回は、didiの定番になりつつある
アップサイクルシリーズ(旧シリーズ名:リメイク)
ができるまでを見てみましょう。

アップサイクルとはそもそも…?
「リサイクル」これは
皆さま聞いたことがあるはずです。
ペットボトル、古新聞、家具、古着など、
身近にあるエコフレンドリーな取り組みですね。

アップサイクルは
ただのリサイクル(再循環)ではなく、
「元のものより価値の高いものを作り出す」
という要素が含まれています。

日本で普段使っているお洋服に
ネパールの刺繍やパーツをつけるだけで
特別な服に大変身。
使用しているパーツは、
カトマンズの街にある市場などで手に入れたものや
didiの工場の刺繍職人が作ったワッペンなどです。ネパールの人がよく着ている
サリーやクルタ(パンジャビドレス)に使われる
ブレードでアレンジすることもありますよ。

この夏に作った製品は
SONOGAさんと私で手分けして、
どんな仕上げにするか決めました。

例えばこんな感じ。
これは私、Rが初めてデザインした
リメイクのメモ!
こんなふうに、どこの部分にどんな細工を入れる…
というのを一点一点指示します。
こちらは刺繍たっぷりの楽しいシャツに
仕上げてもらいます。

刺繍職人が丁寧に作業して、
仕上がったのが…こちら!
わぁ、いい出来です。
この背中に入った文様は、
英語でendless knotと呼ばれる
チベット密教の吉祥のシンボルです。
街で見かけてカッコよかったので
背中に大きく入れてもらいました。

アップサイクルシリーズは
こちらからご覧いただけます。
ひとつひとつ違った表情を
お楽しみいただけるのも、いいところです。
あんまり奇抜な色は好みじゃないけど、
人とはちょっと違うのが欲しい!
という方に、ぜひオススメです。


おまけ
工場のアトリエにて、おやつ。
ネパールでは、1日3食というよりは
2食+おやつ という感じ。
でもおやつがこんな感じでガッツリなので
(ということは…食事はもっと!!)
日本人には充分な量です。

おやつは「カジャ」と呼ばれます。
甘いものを食べることもあれば、
写真のようにスープのこともあります。

このスープが…めちゃくちゃに辛かったです…。
辛いものを食べると汗はもちろん
鼻水も止まらなくなってしまう体質なので
鼻をかみまくっていました(笑)
「チリが強かったか?残してもいいぞ…」
と工場長のダイ。
「俺もあんまり辛いのは得意じゃないから」

え!?そうなの?
ネパール人でも辛いの苦手な人、
そりゃいるはずですよね〜。
後日ダイと一緒に食事に出かけたら、
やっぱり辛い料理でむせていました(笑)


今回のネパールでのお仕事も終盤に差し掛かりました。
次回もお楽しみに。

国内に限り全商品送料無料です

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

インドやネパールの民族衣装サリー。 そのサリーは長い歴史のなかで家族の、とりわけ母から娘への受け継ぐべき吉祥文様を今に伝えます。 動物や植物、自然、神々、生活…。様々な吉祥文様は 一つとして同じものがありません。そしてそのすべてに物語があります。
didiはこのS級ヴィンテージシルクサリーを素材として、ネパール自社工場にてシルクサリーシリーズを作っています。
季節や時候の節目に、貴女だけの吉祥文様を手に入れてみませんか。

TOP

didi東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店3F