blog

2018/11/06 14:01

ネパールは中国・チベットそしてインドに囲まれた国。

様々な文化がミックスされ、

素朴ながらも華やかなネパールならではの文化があります。

もちろん料理も大切な文化のひとつ。

私が今回の旅で見つけた美味しいものを、

ご紹介します。


普段、美味しそうなものを見つけたら

すぐさま「いただきま〜す!!」と

飛びついちゃう質の私なので……

写真の出来は期待しないでくださいね(笑)




滞在中、ホテルの近くの小さなレストランに

何度も通いました。

お値段お手頃、みんな優しい!

アットホームなレストランでしたよ。

それもそのはず、皆さんご家族のようでした。

シェフの旦那さんは

日本人に親しみのある感じのお顔。

チベット系でタカリ族の方かな?

だったらきっと美味しいはずー!


妖艶なサリーの女性。

「あれはどなた?」

注文を取ってくれた女の子に聞くと、

「おばあちゃんだよ!」と教えてくれました。

村からお店の様子を見に来たようです。

家族・親戚・村や近所の繋がりが強いなあ、

ネパールに行って感じました。


◯ロティ

「インドじゃナンは食べない!」という話を

耳にしたことのある方もいるのでは?

食べない、というよりは

ナンをつくるには、タンドール窯という

特別な設備が必要なのでなかなか食べられない

と言ったところでしょうか

(インドは未踏の地ですので、違っていたら教えてくださいませ)

ネパール・インドのどちらでも、

ロティ(チャパティ)と呼ばれる

甘くない薄焼きパンケーキのようなものを

食べることが多いようです。

小麦粉を水で練って丸め、

円盤型の鉄板で薄く焼いたものです。

ロティの焼き方は一朝一夕では習得できないようで……。

私も帰国してからやってみましたが、無理でした_(:3」∠)_ 

カレーやおかずをつけて食べると美味しいです。


◯モモ(手前) と チャウミン(チャーメン)(奥)

一見、あれ?日本のレストランでもありそう?

に見えますよね。

餃子や焼きそばにそっくり。

中華料理に大きく影響されたものなんです。

モモは包子の仲間。

カレー味のソースをつけて食べることが多いです。

モモの中には、鶏肉や水牛の肉、野菜、

パクチーなどの香味野菜が入っています。

蒸し立てが一番美味しい!


チャウミンは漢字で書いたら

たぶん炒麺でしょう。

塩焼きそばに限りなく近いです。

なぜかケチャップをかけたり、

薄焼き卵をのせたりして食べても

美味しいです……ほぼオムソバじゃん!

そんなわけで、

日本人好みの味もたくさんあるネパール料理です。


モモの屋台。

ズラーっと蒸し器に並んだモモが美味しそう。

ここのモモはゴマだれみたいな

変わったタレでした。

ディディ(お姉さん)がめっちゃ美人さんでした(//∇//)


◯ダルバート

何度も食べたので写真を3枚セットで。

日本に「白米!味噌汁!」の

お決まりセットがあるように、

ネパールにもお決まりセットがあります。

バート(白米)とダル(豆のスープ)がそれに当たります。

白米はうるち米じゃなくてバスマティ米が主流。

細長くパラッとしたお米です。

タイ米ともちょっと違うみたいです。

お米とスープに、

タルカリ(おかず)がいっぱい載ったのが

ネパリ定食です。

おかずもいろいろ種類がありますが

代表的なものはカレーですよね。

マトンやチキンのカレーが多いです。

骨ごと煮込んだお肉の美味しいこと♪

いい出汁が出るんですね。

現地の方々は手食ですが、

私はうまくできないのでスプーンとフォークで。

でも、手で食べると

自分の好きな具合におかずを混ぜて食べられるので

味の調節も(慣れれば)簡単なんだそうです。

ダルバートを食べていると、

店員さんが回ってきて

「お代わりどう?」と声をかけてきます。

でも、日本人にとっては最初の盛りだけで

結構充分な量です。

好きなおかずがあればお代わりするのもいいですが、

いや、もういいよ……というときは、ハッキリと

「プギョ!(充分だよ!)」と言いましょう(笑)

ご飯食べないと心配されます。

そんな人柄の人が多いのです。


◯トゥクパ

チベット系のお料理です。

カレーラーメン?すごーく平たく言えばそうですが、

ちょっと違うんですよね〜。

スパイスたっぷりの細うどん……?

なかなかピッタリくる言葉が思いつきませんが、

優しくもピリッとした味わいの

あったかいヌードルです。


◯チウラ(手前) と アルー・サンデコ(奥)

チウラは干し飯のようなもの。

バリバリしたスナックのような感覚です。

スパイスの効いたお料理が辛すぎたら、

チウラで和らげて食べるのもいいかも。

特に、セクワと呼ばれる、

ケバブやバーベキューに似た肉料理にマッチ!


アルーはジャガイモ、

サンデコ(サディコーとも)は和え物を指します。

火を通したほくほくのジャガイモに、

スパイスを炒めた油やレモン果汁、

香味野菜、トマトなどを和えたもの。

ホテルの朝食で毎朝アルー・サンデコが

出ていたので、朝からテンション高めで

過ごせました(´∀`)

こちら、ホテルの朝食。

思ったより洋風?ミューズリーとかあるし。

ヒマラヤのトレッキングや

最近のマインドフルネス・仏教ブームで、

欧米からネパールを訪れる人々も多いようです。


◯チヤ

紅茶です。ネパールの人々はよくお茶を飲みます。

仲良くなったら何もしなくても

「お茶どうぞ〜」って出してくれます。

「チャイ」って言っても伝わりません……。

ストレート(ブラックティー)は「カロ・チヤ」

ミルクとスパイスのお茶は「ドゥダ・コ・チヤ」

アイスティー(街ナカではあまり見かけません)は

「チソ・チヤ」です。

英語で通じるところも多いですよ。


◯バラッ

食べかけでごめんなさい(笑)

そば粉のドーナツ。

ネワール族のお菓子です。

外はサクッと中はフワッと揚げてあります。

あまり味が濃くないおからのような感じ。

病みつきになる味でした。



食べ物自体だけでなく、

提供のしかた、作りかた、食に対する心構えなどに

ネパールならではの文化を感じることができました。

ここで紹介したのはごく一部。

地方、民族などによっても

食材や調理法は変わります。

日本のインド・ネパールカレー屋さんのメニューにも

今回の記事で紹介したお料理があるはずです。

名前や写真だけでは

分からないこともあるかと思いますが、

ナンとカレー以外のメニューも

ぜひお試しください。

チョイスのお助けになれば幸いです。


ネパリ カナ デーレイ ミト ツァ!

(ネパールのご飯はとっても美味しいよ!)


次回、

「ネパール紀行⑤ カトマンズの風景」

お楽しみに。

国内に限り全商品送料無料です

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

インドやネパールの民族衣装サリー。 そのサリーは長い歴史のなかで家族の、とりわけ母から娘への受け継ぐべき吉祥文様を今に伝えます。 動物や植物、自然、神々、生活…。様々な吉祥文様は 一つとして同じものがありません。そしてそのすべてに物語があります。
didiはこのS級ヴィンテージシルクサリーを素材として、ネパール自社工場にてシルクサリーシリーズを作っています。
季節や時候の節目に、貴女だけの吉祥文様を手に入れてみませんか。

TOP

didi東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店3F