blog

2018/11/01 23:19

拙い図ですがm(_ _)m

インドと中国という大国に挟まれた

小さな国、ネパール。

ネパールの気候って?

と聞かれると、

「インドに近いから暑い!」

「山の中だから寒い!」

というイメージをお持ちの方もいるのでは。


カトマンズの緯度と標高を考えると、

沖縄県辺りに、

富士山5合目がある感じ。

しかも盆地。

いや、ちょっと想像難しいんですけど(笑)


一応、気候区分としては

温暖湿潤気候~サバンナ気候、

ヒマラヤ山脈周辺は高山気候

となっています。

つまり、

冒頭の答えはどっちも正解!

雨季や乾季がありながら、

地方によっては

世界最高峰の山脈に囲まれた

自然豊かな土地なのです。




*西暦の8月は雨季。

(*なぜこんな回りくどい言い方をするのかは後ほど……)

私たちが滞在していた頃は

ほとんど曇りか雨でした。

季節によっては、

菜の花やシャクナゲなど

日本人に馴染みのある花も咲きます。

マリーゴールドは神仏のお供えに使われるため

いちばん頻繁に見る花かも。





野生の牛が首都にもいました。

牛は神様の乗り物なので

乱暴にしてはいけません。

そのため、牛乳は飲みますし

ヨーグルトもありますが

牛肉はありません。

(しかしなぜか水牛の肉はOK。

「バフ」として食べられます)




ネパールには、いろいろな宗教の

神さま・仏さまがいます。

ヒンズー教徒が最も多く、

チベット仏教・イスラム教に

土着のアニミズム系の教えもあります。

ムスリムの方々は厳しい教えもあってか、

腕利きの職人が多いイメージです。

didiの刺繍でもお世話になっています♪


また、カーストや民族などもあるため

さまざまな文化が絡み合っています。

ネパールの秘境感、奥深さは

この辺から来ているのかもしれません。

ネワール族は商売上手

タカリ族はお料理上手

シェルパの人たちは山の案内人

などなど、それぞれ特色を持っています。



次回、

「ネパール紀行③ ネパールってどこ?その2」

お楽しみに。

国内に限り全商品送料無料です

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

インドやネパールの民族衣装サリー。 そのサリーは長い歴史のなかで家族の、とりわけ母から娘への受け継ぐべき吉祥文様を今に伝えます。 動物や植物、自然、神々、生活…。様々な吉祥文様は 一つとして同じものがありません。そしてそのすべてに物語があります。
didiはこのS級ヴィンテージシルクサリーを素材として、ネパール自社工場にてシルクサリーシリーズを作っています。
季節や時候の節目に、貴女だけの吉祥文様を手に入れてみませんか。

TOP

didi東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店3F